ニチガスの新たな方針

2016年4月に電力の小売全面自由化、2017年には都市ガスの小売全面自由化が決定されており、エネルギー業界は自由化に向かって様々な取り組みが顕在化してきました。 ニチガスは安全と安定供給を担保しつつ、お客に対してエネルギーサービスの新たな利便性を提供することが極めて重要と考えています。そのため、2015年10月5日付で東京電力と電力・ガスのセット販売に関する新たなサービスを組成するための業務提携契約を締結しました。新たな満足を提供すべく、共同営業を拡充しています。 さらに東京海上日動火災保険株式会社と共同で、ガス機器延長保証と駆けつけサービスを組み合わせた、ニチガス・プロテクトメンバー・サービスの「大きなお世話」を開発しました。 契約された方の毎日の生活を幅広くサポートするサービスです。 そして自由化後の小売オペレーションに大きな違いを生み出すICTに関して、ニチガスは既に稼動している検針・配送・保安などのオペレーションコストの削減に大きく寄与しているクラウドとモバイルディバイスの連携システムを、他社との効率的な業務連携における最も重要なシナジーツールとして位置づけました。 今後多様化が予想される料金メニューなどのへの対応が可能となるように、リニューアルを進めています。 未来を見据え、新しい取り組みやサポート、現状のリニューアルをしてより一層躍進するのがニチガスです。現状の維持にとどまらず新たな方針を立て、一歩を踏み出している会社です。 ■働く人を尊重し、働き易い環境のニチガス LPガスや都市ガスなどのエネルギーをはじめ、便利な商品やサービスを提供しているのがニチガスです。 関東を中心に事業を展開しており、家庭・企業を含めて多くの方に向けて商品やサービスを提供しています。 そんなニチガスでは様々な方が働いています。ではどんな企業であり、どんな職場なのでしょうか。   <ニチガスの経営理念> ニチガスの経営理念は3つあります。 1つ目は地域社会に対する貢献です。環境負荷の少ないエネルギーを、地域社会に最適な供給方法により安全と安定供給を担保しつつ適正価格で提供しています。お客にとって快適な生活が送れるようにするだけでなく、地域社会の環境保全や防災活動にも貢献しています。 また、地域社会の一員として地域の価値向上に積極的に参加し、納税義務を果たすことも企業としての社会的責任であり、社会貢献だと考えています。 2つ目は企業の持続的成長を目指すということです。ニチガスは地域社会に貢献し、お客の数を増やすことが経営基盤をさらに強固なものとすると考えています。そのために適正な利益を確保し、効率的な投資を行って企業価値の長期的向上に努めています。 株主に対しては継続的・安定的な配当と、内部統制体制の構築により株主価値の向上を心掛けています。 3つ目は、人的資源の尊重です。社員をはじめ人的資源は、企業を支える重要な財産と考えています。お客に対してきめ細かいサービスを行うために、社員の能力を最大限に発揮出来るような経営を行うことは企業の持続的成長のために不可欠な要素だとニチガスは考えています。根底には社員や取引先、その家族の幸福が不可欠であり、経営に当たってその増進を目指しています。 これら3つの経営理念を掲げて、この経営理念により、様々な業務に当たっています。   <ニチガスの働き易い環境を整える>   経営理念の1つにあるように、ニチガスは人的資源を大事にしています。そのために、福利厚生の充実だけでなく、働き易い環境を作っているのが特長です。 様々な面で働き易い環境を作っているからこそ、新卒や中途を含め数多くの人材がニチガスに集まり、そして各々が力を発揮し、お客や会社、地域に貢献しています。 では、働き易い環境はどのようなものがあるのでしょうか。   <ITを取り入れるニチガス>   ニチガスはエネルギーに関わる事業を行っています。古くからあり伝統がある会社ではありますが、時代に合わせて、ITも積極的に取り入れています。 そのために情報通信技術部があり、開発とソリューションに分かれて業務を行っています。 この部署ではシステムの問い合わせ対応や営業所のパソコン管理、セキュリティ管理など様々な仕事を行っています。 ITを積極的に取り入れた結果、基幹業務クラウドシステムの「雲の宇宙船」を業務に取り入れています。このシステムにより現場作業や処理作業を格段にスムーズにさせました。 ITを積極的に取り入れているため、ITに強い方もしっかり仕事が出来るのがニチガスです。持っているITの知識や経験を存分に発揮出来ます。 その結果ITの環境を整えることで、その他の部署の社員もスムーズに仕事が出来るため、会社全体が非常に働き易い環境となっています。   <仕事を任せてくれて、成長出来る職場のニチガス>   ニチガスで働いている社員1人ひとりは、非常にやりがいを感じて仕事を行っています。その理由は、仕事を任せてくれて、自分が一回りも二回りも成長出来る職場だからです。 社員は1人ひとりが他社を意識し、常にお客目線に立って動いています。どうすればお客にとっていいサービスを提供できるかを考え、その上で仕事を任せてもらえるので、自分で考えて仕事が行えるのです。 じっくり考えお客目線に立って動き、成功することでやりがいと成長を感じることが出来ます。 また1年目から最前線で仕事を任せてくれます。 そのため、大変な時もあります。 ですが自分で考えて工夫し、それが成功に繋がった時の喜びはひとしおです。仕事を通じてどんどん自分が成長できる職場がニチガスです。 なぁなぁで仕事をせず、入社してから日が浅い段階でも高いモチベーションを持って仕事に臨めます。責任は大きいですが、仕事を任せられ試行錯誤し、成功することで社員はやりがいを感じています。そして成長を感じているのです。   <若手のうちから提案出来るニチガス>   活発な企業として評判なのがニチガスです。その理由は、若手のうちから仕事での提案が出来る点にあります。 仕事は個人の裁量に任せられる事が多いので、若手のうちから色々なことを提案出来るほか、与えられた仕事をこなすだけでなく、自分なりに提案が出来るため社員もやりがいを感じています。 提案に価値が出来るように、若手のうちからスキル磨きをする社員も多くいるのが特長です。 提案が出来るからこそ仕事にメリハリが出来て、自分の力も伸ばすようになるのです。仕事に積極的で自分を伸ばすことも忘れない。そんな社員が多くいるからこそ、ニチガスは活発な企業となっています。   <女性社員も活躍できるニチガス>   ニチガスは女性社員も活躍する職場です。様々な部署で女性社員も力を発揮し、働いています。女性だからといってマイナスになることはありません。産休なども取れるので、女性が働き易い職場となっています。 女性社員も様々な仕事が任せられるのがニチガスです。例えばある社員は、人事部に配属され新卒採用業務を任せられました。説明会での会社の説明や面接の実施、内定者管理や入社準備、採用パンフレットの作成等色々なことを任されました。色々なことがやれるのも、いいところです。 様々な仕事が任されるからこそ、女性社員もやりがいを感じて積極的に業務に当たっています。女性社員のモチベーションも高く、幅広く活躍出来る職場となっています。   <結果を出せば、上を目指せる環境が整っているニチガス>   会社によっては結局年功序列で、上を目指せる環境が整っていない職場もあります。それだと社員のモチベーションも上がりません。 ニチガスの社員のモチベーションが高いのは、仕事にやりがいを感じている点に加えて、結果を出せば上を目指せる環境があるからなのです。 年齢などに関係がないので、誰もがやる気に満ちています。日本企業にありがちな、年功序列制度のようなものがないのが特長です。実績を積み重ねることで、若くても役職に付くチャンスがあります。 チャレンジ精神が旺盛で、活気が溢れる職場となっています。やる気に溢れている方、自分の力で何かを変えたい・上にどんどん行きたい方にぴったりな環境です。   <チャレンジ精神に溢れているニチガス> 会社全体にチャレンジ精神が溢れているのがニチガスの特長です。失敗を恐れて何もしないよりも、失敗しても積極的なチャレンジを後押しする文化が社内には根付いているのです。だからこそ社員は前向きな方ばかりとなっています。 さらにニチガスではどんな役職の方でも積極的に行動をしています。それが若手社員にとって模範となり、言葉だけでなく姿勢でもチャレンジ精神を伝えているのです。 そのチャレンジ精神により仕事で自分を成長させ、自ら道を切り拓くということを社員たちは行っています。自らを高めるだけでなく、各サービスの質の向上にも繋がっています。   <ニチガスのまとめ>   ニチガスはチャレンジ精神があり、様々な面で柔軟な会社です。古くからのいいところは残し、新しくていいことも積極的に取り入れています。ITをはじめ、新しいこともしっかり取り入れてきたからこそ現在まで成長してきました。 また、チャレンジを後押しする社風、頑張った分だけ上にいける環境、やりがいを感じる仕事があるからこそ社内は活気に溢れています。そして年齢や性別に関係なく、誰もがモチベーションを高くして仕事に当たっています。 経営理念である、「人的資源の尊重」をしっかり実践しています。そのためニチガスは企業の成長だけでなく、働く方の環境も整え、全ての社員が力を発揮できる職場作りに努めています。人を大事にしているからこそ、その結果として様々な質の高いサービスを提供しています。   ■ニチガスの様々な戦略や取り組み   1955年にLPガスの直販会社として設立し、度重なる競争に勝ち抜いて高収益な企業体質を実現してきたのがニチガスです。 生き残るために社内構造改革に取り組み、更に事業クラウド化も成功して現在の高収益な企業体質を作り出しました。 そんなニチガスでは今後の収益やエネルギー自由化に備えて様々な戦略を用意し、実行しています。 以下、ニチガスが行っている6つの戦略と1つの取り組みについて紹介していきます。   <ニチガスの営業戦略>   ニチガスの営業戦略は以下の4つです。 ・安価 ・電力・ガスのセット販売を活かして都市ガスエリアに進出する ・ICTによる高品質なサービス ・お客とのface-to-faceの関係を築く ニチガスの最大の武器は何といっても価格競争力です。平均販売価格よりも安価なので、多くの方から継続的な支持を得ており、この価格競争力があるからこそ、ニチガスは2016年3月期に顧客純増を記録しました。 また、ニチガスは電気とガスのセット販売を行っています。電気使用量の多い家庭向けのプレミアムプランや一般家庭向けのスタンダードS、電気を多く店舗・事務所向けのスタンダードLなど様々なプランを用意し、顧客獲得に繋げています。 さらに、ニチガスは増加し続けるお客に高品質なサービスを届けるために、ICTの活用が重要な鍵と考えています。新たな利便性をICTにより提供することで他社との差別化を図っていきます。 そして、ニチガスは対面型営業も大事にしており、一人ひとりのお客と会って話を聞いて提案するスタイルを現在も大切にしています。営業担当者は最善の提案をするために、ガス機器や保安や配送など様々な知識を持ち合わせ、プロフェッショナルな営業パーソンとしてお客に対応しています。今後もこの経験を活かしつつ、満足度の向上を模索し続けながら営業することを心掛けています。 「選ばれ続けるニチガス」で在り続けるようニチガスは以下の計画を視野に入れています。 2017年3月期には、廃業が進む中小企業の買収を加速させると共に、東京電力エナジーパートナー(株)とのアライアンスを活用した営業によって、LPガス事業の顧客を増加。都市ガス事業においては、既存エリア内での新規顧客の増加に注力していきます。 また、2017年4月に開始予定の都市ガス小売り自由化によって、多くの都市ガスユーザーへのアクセスが可能となります。このチャンスを活かし、ニチガスは都市ガスの顧客を大きく増加できるよう、上記の営業戦略を推し進めています。   <ニチガスのICT戦略>   Information and Communication Technology(ITの概念をさらに一歩進め、情報技術と通信コミュニケーションが合わさったもの)、通称、ICTが今後の企業の成長に関わると考えたニチガスは、クラウドシステムである「雲の宇宙船」を開発、業務オペレーションにおける中間処理を大幅に削減することに成功しました。 ニチガスは雲の宇宙船と最新のICTを組み合わせることで、様々なサービスの提供が可能だと考えています。現在、ニチガスは(株)メタップスとの業務提携を開始し、ガス料金の支払いがスマホで完結するペーパーレス決済、AI自動応答サービスによるガス器具販売、ビットコインでのガス料金支払いサービス、AIやビッグデータを駆使した最適な料金プランの提案などのサービスを検討しています。 ほかにもニチガスは、雲の宇宙船をエネルギー業界だけでなく、水道などのインフラや自動車、製造業などエネルギー以外の業界も対象として外販し、エネルギー小売り事業に並ぶ主力事業として育てたいと考えています。   <ニチガスの保安戦略>   ニチガスはクラウドにより高品質な保安を実現しました。さらにAIを保安業務に組み込み、今まで以上の「安全」を提供しようと考えています。 ニチガスではICTの活用は保安の高度化に直結するものと考え、早くから研究と開発を行ってきました。その1つが、モバイル端末とクラウドシステムを利用した効率的な保安システムです。 様々な保安に掛かる作業をクラウド利用することで、現場で完結するようにしました。効率が良く、きめ細かい保安点検にICTは欠かせません。 ニチガスには保安のアピールポイントがあります。1つ目は社員の保安意識の高さです。全社員が、お客が第一に求めているものが「安全」であることを認識しています。提供しているサービスと同じくらい保安を重要視しています。また保安業務に限らず、全ての業務について万全を期しています。 2つ目はモバイル端末とクラウドシステムを利用した効率的な保安システムです。ニチガスでは業務に関わる社員全員がお客の保安情報をリアルタイムに共有出来て、効率的に対応することが出来るようになっています。 ニチガスでは保安戦略として、AIについての研究をスタートさせています。AIを利用した一般的な問い合わせと緊急連絡の分類など、電話対応の品質向上を図ることを想定しています。 そして何よりも一番重要な商品である「安全」を、より競争力を高めた保安体制・システムで提供したいとニチガスは考えています。   <ニチガスの海外戦略>   ニチガスは海外戦略として、自由化先進国で培ったノウハウを国内戦略に活用し、さらに利益率改善により、北米事業全体の黒字を目指します。 ニチガスは2011年に、既にエネルギー自由化が進んでいる豪州や北米の電力・都市ガス小売り事業会社への投資を開始しました。 ニチガスは海外の自由化市場で蓄積したノウハウを活かし、国内市場において固定料金メニューなどの新料金メニューの提供や電力・ガスのセット販売などを進めています。今後はノウハウを活用し、国内エネルギー自由化市場においても更にお客の利便性の向上を目指したプロダクトや、サービスを提供していきます。 ニチガスでは北米事業においてもICTに注力し、業務効率化とお客第一を念頭に業務システムを日々更新しています。 さらに将来的には北米事業にも雲の宇宙船の導入を考えており、業務効率化を進めたいと考えています。 ニチガスの今後の海外戦略は、引き続き資金効率・利益率改善を重視し、低採算マーケットからの撤退、成長マーケットへの進出を目指しています。2社合算ベースでの黒字化達成を目指し、黒字化達成後は利益率を維持しつつ、顧客基盤の拡大により更なる事業の拡大をニチガスは目指します。   <ニチガスの資本戦略>   今後は都市ガスの小売りが自由化されます。ニチガスはこの都市ガス小売り自由化が事業拡大におけるチャンスであると考えています。そのため積極投資のタイミングと捉えて、お客の数の増加に繋がる投資や革新的なICTへの投資など、キャッシュ・フロー創出に繋がる投資に重点を置いて積極的に投資を進めていきます。 ニチガスは中長期的に資本効率とフリーキャッシュ・フローの創出力を重視していきます。資本効率を改善するために、ニチガスや各都市ガスグループ会社においてROAを高めることに注力しています。 さらに財務レバレッジについては、自由化の競争状況を踏まえながら適切な水準にコントロールしていきます。 さらにニチガスは株主還元を引き続き重視していきます。現在ニチガスは、自由化直前の積極投資時期であることから、機動的な資金需要に応じる必要があります。ですが自由化後、資金需要に一定の目処が付いたタイミングで、改めて株主還元について前向きに検討をしていきます。 ニチガスは資本戦略として、2017年3月期は自由化に向けて積極投資をし、資金効率とCFを重視した経営を続けていきます。   <ニチガスの人材戦略>   ニチガスは都市ガス自由化以降を見据え、営業人材とICT人材の育成に注力します。都市ガスの自由化に伴い、市場が大幅に広がることからニチガスは営業人材の大幅増強を考えています。そのため採用活動の全国展開や人材紹介会社の活用などを行い、多くの意欲的な優秀な営業人材の確保を図っています。 またニチガスの社員にガスや電気などの資格の取得だけでなく、営業・保安に関する業務知識の習得や、必要な能力を身に付けて、お客に選ばれる人材となるように育成する方針を掲げています。 自由化以降は、ICTによる業務フローの抜本的な効率化が欠かせません。施策を企画立案・実行できる人材を社内外に求め、実践で育成していくことが必要とニチガスは考えています。 ニチガスではICTを支える人材を自前主義にこだわらず、革新的なITベンチャーとの提携などを通じてチャンスがあれば人材確保も行います。そうやってニチガスのICTの進化を進めると共に、新たな考え方を吸収していき情報通信技術の活性化を図っていきます。 社内の制度に関しては、ニチガスでは新人事制度をスタートさせました。従来の年功重視から役割に基づく報酬とすることで、若くても重要な役割を担っている社員には相応の報酬が支払われているのが特長です。この新人事制度により頑張っている社員のやりがいが大きく増しました。 さらにニチガスでは評価制度も再徹底しました。上司から本人へのフィードバックを改めて重要視することで、上司と部下ともに自身の課題について新たな気付きが生まれて、社員の成長や組織の活性化に好影響を与えています。 その他にも報酬インセンティブの高い新規専任職を設け、若手社員に新たなチャンスを広げました。 新しい制度によりやりがいやチャンスが広がったのがニチガスです。これからもより良い活きた制度となるように改革を継続します。 ニチガスは今後、有能な人材に社外での経験や研修の機会を与えることで、経営を担う人材に成長してもらおうと考えています。 さらに新卒を中心に優秀な営業人材をより多く確保し、OJTや階層別研修を通じてお客から選ばれる営業社員に育成します。 またICT人材の活用や確保に努め、ICT事業をニチガスの第2の柱とするとともに業務でのICT化も推進させます。 ニチガスは提携先である東京電力エナジーパートナー(株)と人材交流を行い、両者のシナジーを経営に反映させます。 そしてグループ内人材の最適配置、有効活用を図ります。これがニチガスの人材戦略です。   <ニチガスの取り組み>   数多くの戦略だけでなく、その他にも様々な取り組みを行っているのがニチガスです。環境への取り組み、社会への取り組みを行っています。 ニチガスは環境への取り組みとして、環境負荷の少ないエネルギーの供給を行っています。これは経営理念の一つである、「地域社会に対する貢献」からも来ています。 ニチガスが供給するLPガスと都市ガスは、燃焼時のCO2排出量が他のエネルギーよりも少量です。環境に優しいエネルギーを供給することで、地域のCO2排出量削減の貢献しています。 ニチガスのお客が増えれば増えるほど、環境に優しいエネルギーが使われるということです。このことは、ニチガスだけでなくお客や地球環境にとってもメリットがあるといえます。 ニチガスは社会への取り組みとして、安全・安定・安価なエネルギー供給を行い、ICTを強みとした地域社会への貢献も行っています。 ニチガスは環境負荷の少ないエネルギーを地域社会に最適な供給方法で、安全と安定供給を担保しつつ適正価格で提供します。そうすることでお客が快適な生活を送ると共に、地域社会の環境保全や防災活動に貢献します。 ニチガスは関東全域に、安全に安定的により安価にガスを提供します。そしてLPガスや都市ガスなどの特性である快適性・経済性・省エネ性・環境性などを提供することで、地域社会の価値向上を資しています。 さらにニチガスでは強みであるICTを活用した社会貢献の取り組みを進めていきます。エネルギー小売りにおいてICTを活用しながら極めて効率的なオペレーションをニチガスは作り上げています。この仕組みは電気や水道事業などにも応用可能で、地域社会のインフラ改善にも貢献出来ます。今後は高効率なICTプラットフォームを地域社会の事業者に販売していく計画です。 独自のICTプラットフォームへの取り組みが、地域の小売り事業者のオペレーション改善に大きく貢献すると考えています。 自社の取り組みに加えて、様々な形で環境や社会への取り組みを行っているのがニチガスです。   <様々な戦略や取り組みを行うニチガス>   今後のエネルギー業界での競争を生き残るには、最先端のICTの活用や新たな生き方や働き方で革新的な役割を創造できるかどうかに掛かっています。 そのために様々な戦略を行うのがニチガスです。営業・ICT・保安・海外・資本・人材戦略をしっかり練り、実践していくことでエネルギー自由化の時代を生き残ります。 そして戦略と合わせて地球環境や地域社会への取り組みもしっかり行っているのがニチガスです。自社のためだけでなく、地球環境や地域社会に貢献しています。 様々な戦略や取り組みを行うニチガスは、ますます多くの方に支持され発展していくでしょう。  
Read More