ニチガスの新たな方針

2016年4月に電力の小売全面自由化、2017年には都市ガスの小売全面自由化が決定されており、エネルギー業界は自由化に向かって様々な取り組みが顕在化してきました。 ニチガスは安全と安定供給を担保しつつ、お客に対してエネルギーサービスの新たな利便性を提供することが極めて重要と考えています。そのため、2015年10月5日付で東京電力と電力・ガスのセット販売に関する新たなサービスを組成するための業務提携契約を締結しました。新たな満足を提供すべく、共同営業を拡充しています。 さらに東京海上日動火災保険株式会社と共同で、ガス機器延長保証と駆けつけサービスを組み合わせた、ニチガス・プロテクトメンバー・サービスの「大きなお世話」を開発しました。 契約された方の毎日の生活を幅広くサポートするサービスです。 そして自由化後の小売オペレーションに大きな違いを生み出すICTに関して、ニチガスは既に稼動している検針・配送・保安などのオペレーションコストの削減に大きく寄与しているクラウドとモバイルディバイスの連携システムを、他社との効率的な業務連携における最も重要なシナジーツールとして位置づけました。 今後多様化が予想される料金メニューなどのへの対応が可能となるように、リニューアルを進めています。 未来を見据え、新しい取り組みやサポート、現状のリニューアルをしてより一層躍進するのがニチガスです。現状の維持にとどまらず新たな方針を立て、一歩を踏み出している会社です。
Read More